アニメーションの女王たち | 本屋lighthouse

1/2

アニメーションの女王たち

¥ 2,860 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

以下、刊行元HPより



『白雪姫』から『アナと雪の女王』まで、ディズニーの夢のような世界の裏側で忘れ去られた女性たち。彼女たちの創造の軌跡がいま明かされる。

片渕須直、河野真太郎 推薦!


ノンフィクションである本書では、ウォルト・ディズニー・スタジオに所属していた5人の女性アーティストを中心に、女性やアジア系などマイノリティのアーティストが果たしてきた創造的な役割と、歴史から忘れ去られた彼女たちの多大なる貢献の真実を明らかにします。彼女たちの創造性によってディズニー・アニメーションが夢の世界へと変わっていくさまが描かれるだけでなく、才能豊かな女性アーティストたちを妬む男性スタッフからの嫌がらせや功績の横取りなど耳を疑うような創造の裏側が当時を知る人々のインタビュー、文献、ドローイング(アートワーク)などから暴かれていきます。

女性というだけで入れる部署が限定され、同じ仕事をしながらも男性と女性では給与が全然違うという不公平。大きな貢献をしているにもかかわらずクレジットには名前が載らないという不条理。ねぎらいの言葉もなく会社を追い出されるという理不尽。そんなスタジオの中でも女性アーティストたちは友情を育み、優れた作品やアートワークを生み出していきます。そして次の世代が、彼女たちが遺した作品やアートワークを継承し、「ディズニー・プリンセス」を、そしてスタジオ自体を生まれ変わらせていく様子が綴られます。

初の長編カラーアニメーション映画である『白雪姫』から新しいディズニー・プリンセス像をつくった『アナと雪の女王』まで、それぞれの制作秘話や女性アーティストの活躍が語られていくだけでなく、コピー機やコンピュータの技術革新が作品に与えた影響なども知ることができます。アニメーションと技術との関係を浮き彫りにするパートは、サイエンスライターでもある著者ナサリア・ホルトの知識と経験が活きています。また公民権運動や黒人差別など社会の問題と、アニメーション作品との関係についても語られていきます。

大人から子供まで世代を超えて親しまれる作品を送り出し、数多くの成功を収めてきたウォルト・ディズニー・スタジオ。多くの本や映画が、ウォルト・ディズニーとそのスタジオの歴史と功績を褒め称えています。しかし、そこで描かれるスタジオの軌跡は男性、特に白人の男性の名前にかたちづくられているものがほとんどです。その歴史の裏側がいま、明らかになります。


【本書で主に取り上げる5人の女性アーティスト】
◎ビアンカ・マジョーリー(1935年入社):女性初のストーリーアーティスト
◎グレイス・ハンティントン(1936年入社):ストーリーアーティスト、飛行機操縦士
◎レッタ・スコット(1938年入社):『バンビ』で女性として初めてクレジットされたアニメーター
◎シルヴィア・ホランド(1938年入社):『ファンタジア』等のコンセプトアーティスト
◎メアリー・ブレア(1940年入社):『シンデレラ』等のコンセプトアーティスト、ディズニーランド「イッツ・ア・スモールワールド」のデザイン

【本書で特に多く取り上げる作品】
『白雪姫』(1937年)
『ピノキオ』(1940年)
『ファンタジア』(1940年)
『ダンボ』(1941年)
『バンビ』(1942年)
『ラテン・アメリカの旅』(1942年)
『三人の騎士』(1944年)
『南部の唄』(1946年)
『シンデレラ』(1950年)
『ふしぎの国のアリス』(1951年)
『ピーター・パン』(1953年)
『眠れる森の美女』(1959年)
『101匹わんちゃん』(1961年)
『くまのプーさん 完全保存版』(1977年)
『リトル・マーメイド』(1989年)
『美女と野獣』(1991年)
『ライオン・キング』(1994年)
『ポカホンタス』(1995年)
『ムーラン』(1998年)
『アナと雪の女王』(2013年)


商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (0)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 2,860 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品