縁もゆかりもあったのだ(こだま×爪切男新刊発売記念特典付) | 本屋lighthouse

1/1

縁もゆかりもあったのだ(こだま×爪切男新刊発売記念特典付)

¥ 1,430 税込

予約商品

発送予定:2021年4月24日 から順次発送

別途送料がかかります。送料を確認する

特典として、こだまさんと爪さんがお互いにメッセージを送るポストカード(両面印刷)付き。
しょうもないです。

第34回講談社エッセイ賞受賞作家こだま
場所と記憶をめぐる、笑いと涙の紀行エッセイ
「俺はたった今刑務所から出てきたんだ」
私たちは「えっ」と発したまま固まった。刑務所と監獄博物館のある街特有の冗談だろうか。膝の上に載せた「かにめし」に手を付けられずにいた。(中略)
別れ際、おじさんが「これやるよ、餞別だ」と言って渡してきたものを広げてみた。それは首元や袖口の伸びきったスウェットの上下だった。
第34回講談社エッセイ賞受賞のエッセイストこだま、待望の新作は自身初となる紀行エッセイ。
どの場所でも期待を裏切らない出来事が起こり、そして見事に巻き込まれていくこだま。笑いあり、涙あり、そしてドラマチックな展開に驚く内容も。
網走、夕張、京都などにとどまらず、病院や引っ越し、移動中のタクシーなど「自分と縁のあった場所」について全20篇を収録。


目次

京都を知っていた(京都・南禅寺)
祈りを飛ばす人、回収する人(台湾)
東京は、はじまりの地(東京・品川)
メロンと郷愁(北海道・夕張)
監獄のある街で(北海道・網走)
母を知る旅(京都・嵐山)
私の藻岩山(北海道・札幌)
乗り合わせた縁(飛行機・タクシー)
事件は風呂場で起きる(某所)
浅草寺と奇縁(東京・浅草)
ブルーシートの息吹(自宅→新居)
ただ穏やかなホノルルの夜(ハワイ)
祖母の桜(病院)
熊の恋文(実家)
双葉荘の同窓会(学生時代の借家)
寄る辺のない旅(ロンドン、パリ、ローマ)
あの世の記憶(青森、秋田、岩手)
猫を乗せて(車)
凍える夜の鍋焼きうどん(ビジネスホテル)
ロフトとニジョージョー(京都)


*爪さんの新刊『クラスメイトの女子、全員好きでした』を同時購入の場合は、まとめて発送するため4/28あたりの発送になります。ご了承ください。

商品をアプリでお気に入り

店頭受取希望の際はこちらで予約をせずに、店頭またはbooks.lighthouse@gmail.comにて予約をお願いします

  • レビュー

    (0)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 1,430 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品