クラスメイトの女子、全員好きでした(こだま×爪切男新刊発売記念特典付) | 本屋lighthouse

1/1

クラスメイトの女子、全員好きでした(こだま×爪切男新刊発売記念特典付)

¥ 1,210 税込

予約商品

発送予定:2021年4月28日 から順次発送

別途送料がかかります。送料を確認する

特典として、こだまさんと爪さんがお互いにメッセージを送るポストカード(両面印刷)付き。
しょうもないです。

爪さんの人生は、いたってまともじゃない。どんな自分になったって、笑って生きていける気がしました。この一冊は、私の温かい居場所です。
――アイナ・ジ・エンド(BiSH)

小学校から高校までいつもクラスメイトの女子に恋をしていた。
主演・賀来賢人、ヒロイン山本舞香でドラマ化もされたデビュー作「死にたい夜にかぎって」の前日譚ともいえる、全20篇のセンチメンタル・スクールエッセイ。きっと誰もが“心の卒業アルバム"を開きたくなる、せつなくておもしろくてやさしくて泣ける作品。

【目次】

傘をささない僕らのスタンド・バイ・ミー/恋の隠し味はしそと塩昆布/この世で一番「赤」が似合う女の子/宇宙で一番美しかった嘔吐/ワックスの海を滑る僕らの学級委員長/恋の呪文はネルネルネルネ/金的に始まり金的に終わる恋/学校のマドンナは水飲み場の妖怪/ベルマークの数だけキスをして/幼なじみの罪とヤマボウシは蜜の味/僕とおっぱいの三年戦争

幼なじみの愛しき殺意/君の青ヒゲと俺の無精ヒゲ/空を飛ぶほどアイ・ラブ・ユー/アリの巣・イン・ザ・恋のワンダーランド/放課後のジャイアントスイング・プリンセス/私だけの歌姫はクラスで一番地味な女の子/霊能力美少女と肝試し大会とSMAPと/一九九五年のカヒミ・カリィ・シンドローム/噓つき独眼竜 VS 恋するミイラ男

【著者略歴】
爪 切男(つめ・きりお)
作家。1979年、香川県生まれ。2018年『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)でデビュー。2021年『もはや僕は人間じゃない』(中央公論新社)、『働きアリに花束を』(扶桑社)、『クラスメイトの女子、全員好きでした』(集英社)と3か月連続刊行が話題に。

商品をアプリでお気に入り

店頭受取希望の際はこちらで予約をせずに、店頭またはbooks.lighthouse@gmail.comにて予約をお願いします

  • レビュー

    (0)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 1,210 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品